トレーナー活動 in いわきクロスカントリー大会

みなさんこんにちは!

福島医療専門学校 入試広報課の國分ですé¡” デコメ絵文字

 

 

 

12月8日(日)にいわき市で開催された、

いわきクロスカントリー大会にて

トレーナー活動(救護ボラティア)を実施いたしました!

 

 

 

 

 

トレーナー活動(救護ボラティア)とは…

 

大会の参加選手に対し、レース前やレース後に

メディカルケアの施術を行うボランティアです。

柔道整復師・鍼灸師の資格を持っている教員がケガの予防や

痛みを軽減するテーピング・ストレッチ・手技・はり・灸の施術を行います。

その他、レース中の体調不良やケガなどにも対応します。

 

 

今回は、大会に参加された中高生やその保護者、学校の先生の施術を行いました。

 

 

当日の救護の様子や、柔道整復師・鍼灸師・本校の学生たちの活躍をご紹介していきます!

 

 

 

ケアの方法は様々です。

 

こちらは鍼による施術です。

 

 

 

コミュニケーションを取りながら患者様の様子を確認していきます。

 

 

自分では伸ばせないところまでしっかりストレッチを施したり、

柔道整復師ならではの手技で施術していきます。

 

 

 

在校生たちにとってもいい勉強の場です勉強 デコメ絵文字

 

 

 

 

 

ストレッチなど、まだ資格を持っていなくても出来るケアで在校生も活躍!

授業だけではなく、こういった現場の活動を通して、より実践的なスキルが

身につくのです。

 

 

 

この活動は、本校の社会貢献活動の一環であるとともに、教職員や在校生にとって

臨床経験を積む場として貴重な機会となっております。

 

ブースにお越しいただいた皆様に、心より御礼申し上げます!

ありがとうございましたふきだし(キラキラ) デコメ絵文字

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL