9/24(日)テーピングセミナー開催しました!

体験2.JPG

 

 

 

先日、9/24(日)にテーピングセミナーを開催いたしました!!

「キネシオテープ」を使って、初めてでも出来るテーピング講座です◎

 

高校生の方、高校の先生、社会人の方など、様々な方にご参加いただきました。

誠にありがとうございました☺

 

今回は運動部のマネージャーさん、運動部女子プレイヤーさんが多く参加してくださいました。

 

体験授業3.JPG

 

 

 

講師は、本校柔整科の学科長 鈴木英明先生(柔道整復師)˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

学校の先生と同時に、スポーツトレーナーとても活躍されています!

英明先生2.JPG

 

 

 

 

それではここから、テーピングセミナーのスナップ写真をご紹介していきます!

 

 

 

--------------- photo --------------------

 

 

ちょきちょき、、、なんでテープを切るかわかるかな?

体験.JPG

 

 

キネシオテープの効果を、実演を交えて説明

体験授業2.JPG

 

 

まずは自分で貼ってみよう!

体験3.JPG

 

 

ペアになってやってみよう!

体験5.JPG

 

 

 

しっかりメモしてくれて、ありがとう!

体験9.JPG

 

 

 

 

部活仲間で参加ありがとう!

体験7.JPG

 

 

お母様もご一緒に体験していただきました!

体験6.JPG

 

 

 

 

 

はじめは難しいよね。練習すればうまくなるよ!

体験授業1.JPG

 

 

 

先生が丁寧に個別指導!

 

 

 

 

高校生が作ったタコ。 かわいい。笑

使い終わったテープも、きっと喜んでるはずよ・・・笑

 

 

 

--------------- comment --------------------

 

<テーピングセミナー参加者の感想>一部抜粋

 

とてもいい体験が出来たと思います。自分はマネージャーなので、積極的に選手に声をかけて、今日の経験を生かしていこうと思いました。

 

 

 

今まで知ることが出来なかったテーピングの効果や貼り方を学ぶことができて良かったです。

 

 

 

キネシオテープの事は知っていたけれど、特徴や性質の細かい部分まではわかっていたなかったので、とても為になりました。

 

 

 

今まではやり方がわからず、ただ引っ張っていただけだったので、講師の話と実習を通してやり方を理解することができた。

 

 

 

キネシオテープの基本を知ることができ、とても勉強になりました。勘違いしていた部分もあったので、今日知ることができて嬉しかったです。部員が何かあったとき、今日の体験を活かしていきたいです。

 

--------------------------------------------

 

 

 

 

キネシオテープだけでも、特徴や使い方、注意点をしっかり学ぼうと思うと、実は奥が深〜〜〜いのです!

 

今後もこのようなイベントを開催していきますので、ぜひお気軽にご参加ください☺!

 

 

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

 

★★★★★★★★★★★

 

 

高校生推薦1次 

願書受付中

10月10日(火)まで

 

↓入試について↓

http://www.f-iryo.ac.jp/entrance-exam/program-highschool.html

 

★★★★★★★★★★★

 

 

 

 

医療系国家資格を取ることが、トレーナーになる為の第一歩!

将来スポーツトレーナーになりたい方!

 

ずっとスポーツと関わっていきたい方!

 

スポーツトレーナーに興味がある方!

 

IMG_1424.JPG

 

スポーツトレーナーとはどんな職業で、目指すために必要な資格はあるのでしょうか。

 

 

 

ボールスポーツトレーナーという職業

 

スポーツチーム(選手)のトレーナーの仕事には、2つの分野があります。

 

 

アスレチックトレーナー

 

「メディカルコーチ」や「メディカルスタッフ」等という言葉を聞いたことはないでしょうか。

メディカル=医療の

という意味ですが、アスレチックトレーナーは主にメディカル部門を担当します。

 

ケガをした時の処置や施術、テーピングやスポーツマッサージ、ストレッチなど、

身体のケアや健康管理に貢献します。

 

ハーフマラソン 4.JPG

 

 

コンディショニングコーチ(フィジカルコーチ)

 

最近ではコンディショニングコーチよりも、フィジカルコーチという呼び方の方が浸透しているのではないでしょうか。

フィジカル=身体的、肉体的という意味。

コンディショニングコーチは体力管理部門を担当し、アスリートの身体を、競技に適した肉体に作り上げるサポートを行います。

トレーニングのプログラムの組立・指導、ウォーミングアップ・クールダウンなどの指導などをして選手のコンディション管理に貢献します。

 

 

スポーツチームの規模によって、アスレチックトレーナーとコンディショニングコーチをそれぞれ専任で配置する場合と、一人のトレーナーが両方を兼務することもあります。

 

 

 

ボールトレーナーになる為に資格は必要か

 

トレーナーの資格としては(財)日本体育協会認定のアスレティックトレーナー(AT)という民間資格などあります。

ですが、「スポーツトレーナーになる」というだけであれば、資格は必要ありません。

 

トレーナーとして、選手に施術(ケガの対する処置や予防)などをする場合には、医療系国家資格(柔道整復師・鍼灸師)が必要となります。

専門的知識を勉強し、ケガや身体について深い知識を持った柔道整復師・鍼灸師であれば、専門性の高いメディカルトレーナーになることができます。

そのため、トレーナーとして求められる存在になれるのです。

 

実は、日本国内の多くのプロトレーナーは、医療系の国家資格(鍼灸師、柔道整復師など)保持者となっています。日本の法律で、「人の体に触れて医療類似行為を行うには、医療系の国家資格を保有する者に限る」と定められているためです。

 

つまり、医療系の国家資格を持っていなければ、アスリートに医療類似行為(施術)をすることができず、トレーナーとして行える業務が限定されるということになります。

 

まずは、医療系国家資格を取ることが、トレーナーになるための第一歩と言えます。

 

ユナイテッド2.JPGツール・ド3.JPG

 

 

1